« Bフレッツ 開始 | トップページ | スタジアム6 »

OMRON MR104DV

 今回のBフレッツ導入で、以前、購入して失敗した~と思っていたオムロン製ルータのMR104DVが役立った。
 最新のファームウェアにて、PPPoEのアンナンバード対応していた為に対応できた。

 最初はSonicWallのTZ170を使えばできると思っていたが、8万円をケチって「無制限」版を購入せずに「25ユーザ」版にしてしまったために、PPPoEアンナンバード未対応という失敗。EnhancedOSに変更するには、低下ベースで10万円もの出費。8万円をケチって10万円の出費では割に合わない。と言うか、たかがOSのアップグレードなのに値段が高すぎる。
 このオムロンのMR104DVはDMZポートもついて、3万円強という値段で購入して、この値段でDMZ対応ならすごく安いじゃんと購入した物。しかし、こいつのDMZはくせ者だった。LAN側のポートとの通信が容易でないのだ。結局、DMZポートは使えないということで、このルータの使用価値は単なるルータに。今時、単なるルータで3万円は高い物となっていた。

 この2つの失敗した買い物を継ぎ足してのBフレッツ接続に無事成功となった。

 ただ、現在はSonicWallのMTUは1452、OMRONは1454となってるのだけど、両方とも揃えた方がよいのだろうか?

« Bフレッツ 開始 | トップページ | スタジアム6 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37957/2066034

この記事へのトラックバック一覧です: OMRON MR104DV:

« Bフレッツ 開始 | トップページ | スタジアム6 »