« 思い出の曲 | トップページ | エコドライブ、徒歩、自転車 »

CentOS5でのsqliteとPHP

CentOS5のマシンにWebサイトを移動させたら、sqliteを利用したページの動作が動かなくなってしまいました。

原因が複数重なって、復旧に苦労。


まず、PHPのconfigure設定が--without-sqlite。
最初はこれを修正しようかと、色々と模索。ぐぐる。

ぐぐっていくうちに、sqliteのバージョンのお話し。
従来のマシン上ではsqlite2が動いていた模様で、現行マシンではsqlite3。
で、データベースに互換性がないと。

と言うことで、まず、sqlite2をcentos5に導入。
http://d.hatena.ne.jp/maru_cc/20080420/1208634913
ここら辺を参考にsqlite2をcentos5のマシンに導入。

で、db形式をsqlite2形式からsqlite3へ変換。
$ sqlite ver2.db .dump | sqlite3 ver3.db
(太字にした.dumpがミソ)

私の場合、ファイルサイズも小さくなった。

で、その後で、2本のプログラムをPDO形式で書き換える。
PDO形式ならsqliteのデータベースが扱えるよう。

たった、2本だからできた技。

結構、時間は費やした。

« 思い出の曲 | トップページ | エコドライブ、徒歩、自転車 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 思い出の曲 | トップページ | エコドライブ、徒歩、自転車 »