« EC-CUBEに関するメモいくつか | トップページ | 使い放題の終焉? »

Windows8へHyper-V搭載

Windows8へHyper-Vが搭載されることが発表された模様。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1109/08/news038.html

これって、どうなんだろう?

私自身もWindows7上でVMWareを利用して、XPだったり、Linuxだったりを動かしてますが、殆どの人は不要な機能なんで、わざわざ標準でなくてもいいかと。
ま、エディションで使えたり使えなかったりするんでしょう。

ただ、仮想化環境作ると、仮想マシンで怪しいサイトへはガンガン突っ込んでアクセスできるんですよね。ちゃんと、事前に仮想環境のバックアップさえとっておけば、怪しいサイトへのアクセスして更にボタンを遠慮なく押せるという隠れたメリットがあります。
変な事態になったらバックアップから戻すだけという気楽さ。

怪しいソフトを動かすこともできますから、意外と便利なんです。

Windows8が出る頃のパソコンは標準でいくつのメモリを搭載しているんだろう?

« EC-CUBEに関するメモいくつか | トップページ | 使い放題の終焉? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37957/52684297

この記事へのトラックバック一覧です: Windows8へHyper-V搭載:

« EC-CUBEに関するメモいくつか | トップページ | 使い放題の終焉? »