« ScreenGrabとFirefox10 | トップページ | mod_pagespeedでGoogle Analyticsのタグを埋め込む »

mod_pagespeedを入れてみる

基本的に、速くなるからといって、CPUに負荷がかかるものは入れたくはなかったのですが、今回、Google様のmod_pagespeedを先日のCentOS6サーバーに入れました。

更にもって、一部のVirualHostのみで動かそうという次第です。

まずは、ダウンロード。
# wget https://dl-ssl.google.com/dl/linux/direct/mod-pagespeed-beta_current_x86_64.rpm
これで、持ってきたものを、
# rpm -U mod-pagespeed-*.rpm
で、インストール。

これで、/etc/httpd/conf.d/にpagespeed.confというファイルがもうあるんで、http restartで動かそうと思えば、動きます。
簡単ですね。

だけど、私の場合、一部のVirtualHostでしか動かしたくないという要望。

で、デフォルトのpagespeed.confの方は
ModPagespeed off
として、動かないように設定しました。

加えて、VirtualHost側の記述を追加。


ModPagespeed on
ModPagespeedFileCachePath "/*****/modspeed/pagecache"
ModPagespeedGeneratedFilePrefix "/*****/modspeed/pagefiles"

これだけ書いてしまえば何とか動くようです。「******」は適当なディレクトリを指定。
一応、書き込み権限与えてます。

まだ、詳しく、色々なオプション関連の検証などできてません。

そのうち、続編、書くかもしれません。

« ScreenGrabとFirefox10 | トップページ | mod_pagespeedでGoogle Analyticsのタグを埋め込む »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37957/54218887

この記事へのトラックバック一覧です: mod_pagespeedを入れてみる:

« ScreenGrabとFirefox10 | トップページ | mod_pagespeedでGoogle Analyticsのタグを埋め込む »